お金

自分に合うビジネスローンを選ぼう|事業をスタートしたいなら

このエントリーをはてなブックマークに追加

不動産を担保にしたローン

女性

一般的なローンに比べて、多額の融資を受けることが出来るとして人気を集めているのが、不動産担保ローンです。担保とする不動産については、申込者本人名義ではなくても、名義人の了承を得ることが出来れば、親族名義でも契約をすることが出来る場合もあります。

もっと詳しく

サービスの特徴と注意点

お金

各種金融機関から無担保でお金を借りられるサービスを「カードローン」と言います。非常に身近で便利なサービスですが、必要以上のお金を借りない・借入件数を無闇に増やさない・返済時に延滞をしないよう注意する必要があります。無担保での借入・分割返済・限度額内であれば繰り返し利用可能と言った特徴が挙げられます。

もっと詳しく

事業性資金用ローン

貯金箱

利用の前に

ビジネスローンとは事業性資金専用のローンであり、カードローンのように個人用途では基本的に使えません。ただし一部の会社では「事業性でも利用可能」という形で提供している場合があります。またカードローンは個人向け専用なので事業用途には使えませんが、「個人事業主の生活資金」「フリーランスの生活費」などであれば利用する事ができます。この部分は会社によって対応が大きく異なり、個人事業主であれば初めから「個人的な用途でも使えるビジネスローン」を利用する事を勧めていることもあります。このようにビジネスローンやカードローンと言っても会社によって提供しているサービスは様々なので、自分に合ったローンを選ぶようにしましょう。

なぜ分けているのか

ビジネスローンとカードローンが分かれている理由というのは、法律の関係が大きいです。元々は両社とも特に扱いが違う訳ではなく、目的別ローンの一種程度の扱いだったのですが総量規制によって「個人向け融資は年収で限度額が左右される」ことになります。ただし例外規定として「事業性資金であれば総量規制の影響を受けない」とした規定があるため、カードローンとほぼおなじサービスを提供していてもわざわざカードローンとビジネスローンを分けているのです。逆に銀行は総量規制の規制を受けませんし、長年事業者向けの融資をおこなっているのでビジネスローンを提供している会社は少ないですが新興の会社などではビジネスローンを提供する会社もあります。

貸付可否の判断プロセス

男性

カードローンの審査に於いて契約締結を確実にするには、貸付対象条件を満たし、必要書類の不備がなく、またその書類への記載が明確で且つ事実に沿っていることを良く確認することがポイントです。そして、審査は2段階に分けて行われる為、1つの審査に通過したからと云って必ずしも契約できる訳でない点留意が必要です。

もっと詳しく